제목   |  [12/6](賛否両論) 「ポリポリ」にイラッとくる人も 映画館のポップコーンに賛否両論 작성일   |  2021-11-15 조회수   |  248

 

「ポリポリ」にイラッとくる人も 映画館のポップコーンに賛否両論

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画館で食べる定番のお菓子といえば「ポップコーン」。しかし食べると音がするために、批判的な意見も多い。

しらべぇ編集部は、映画館に行ったことのある全国の男女1,243名に「映画館でポップコーンを食べている人」についての調査を実施。

24.6%の人が上映中にポップコーン食べている人に対し不快感を抱いていることが判明した。

■映画館はポップコーンを食べに行くところ?若い世代のほうが、ポップコーンへの理解がある模様。

年代が上がるほど、ポップコーンへの嫌悪感が増すようである。60代以上の3人に人が不快だと感じているようだ。

若い世代では、映画館といえばシネマコンプレックスをイメージする人が多いだろう。シネコンではフード類も充実しており、ポップコーンも数種類の味を用意しているところも。

そういった環境が意識の差を生むのかもしれない。

「むしろ、ポップコーンを食べに行くところ」(30代男性)

こんな冗談も出るほどである。

■売っているから仕方ないけど...うるさいシネコンが増える前からも、映画館で売られていたポップコーン。もともとは、アメリカの映画館から発祥したもの。安価で利益率が高いポップコーンは、映画館側にもメリットが多いのだ。

仕方がないといえる問題。しかし、高いお金を払って映画を観に行っているのも事実。

また、DVDやネット配信などがなく、映像作品に触れる機会が限られた時代を生きた60代。映画館で映画を観る行為は、今よりも特別であったことは想像に容易い。

 

「売っているから仕方ないけど、やっぱりバリバリ食べている人がいると『うるさい』と思ってしまう」(60代女性)

■うるさくないよう口の中で溶かして味わう食べる側のマナーとして気を遣っている人もいる。

「上映中は、食べないようにしている。必ず残るので、持って買えることになるけど」(40代男性)

さらには、こんな方法で食べる人も。

「バリバリと音を立てるとマナー違反かなと思って、口の中に含んで溶かすように食べています」(30代男性)

そこまでして食べたいものなのかとも思うが、それほどまでに映画館にはポップコーンが欲しくなる魔法があるのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リンク:https://www.excite.co.jp/news/article/Sirabee_20161031542/?p=2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

인쇄하기